自分の意識レベルについて

パワーか、フォースか

この本をご存知の方も多いかと思います。

以前から知っていた本ですが、

今まで自分の意識にひっかかって来なかったので、

後回しにしていたのですが、

このたび、ひょんなきっかけから

この本とのご縁ができました。

 

さて、意識レベルについてですが、

私たちの意識レベルというのは、

(科学的手法によって)数値化することができ、

200以上かそれ未満かでまず1つの区切りがあるようです。

200未満はフォースの領域。

エネルギーを奪い合い、対立、混乱の中にあるもの。

200以上はパワーの領域。

よりよい理解や健康、幸せに導いてくれ、真実もシンプルである。

 

私たち人類は、最低でも200以上を目指す必要があると述べられているのですが、

では、私の意識レベルはというと、、、

192でした。(笑)

 

思いっきり200未満です。

 

この本を読む前の診断だったので、

で、この本を読むだけでも、35上がるということだったので、

一応200クリア???

ということにしておきましょう(;^ω^)

 

面白いと感じたことは、

意識レベルによって、

物事が起こった時の意味づけが異なるということです。

 

例えば、

空き缶を踏んづけて転んでしまったとしましょう。

その時、あなたはその事象に対してどのような意味づけをそこにするでしょうか?

 

・運が悪いなと思ってしょげてしまう。

・誰がこんなところに缶を捨てたんだと怒り狂う。

・缶を踏んづけて転んでも、まあこの程度で済んだかと開き直る。

・ほかの人が缶を踏まないようにと思って、きちんとごみ箱に捨てる

 

ざっと書いてみましたが、

たった1つの事象でもいくつもの意味づけができるということです。

そして、この意味づけは、

その人の意識レベルによって変わってくるようなのです。

 

そして、意識レベルも段階があり、

訓練次第で上げることもできるんだとか。

 

(200程度の意識レベルの解釈で恐縮です。

意識レベルが上がると、

本の解釈もまた異なってくるんだと思います。)

 

物事の意味づけの変え方の方法はいくつかありますが、

この本のアプローチも面白いと思いました。

 

天才たちは、みんな意識レベルが高い???

興味を持たれた方は、読んでみてはいかが?

おすすめします。

 

Posted in